ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
しまの円卓会議 第6回ビオアイランドネットワークシンポジウム
一年ずつのそれもこの時期だけの更新になっていること、
それにまず申し訳ありません。
それでも、6回目を開催できる運びになったとこについて、安堵しております。
当団体は小さな任意団体ではありますが、離島でご活躍の方や島に興味をもたれている方について、
なにか出会いのきっかけとなるようなイベントを開催してきたつもりです。
今回のシンポジウムのテーマは、島のまちづくり、島や地方の地域ケアについて関心をもたれている方にとって、面白い会となると思います。
ぜひお誘い併せの上お越し頂ければ幸いです。


a0075425_1750499.jpg
a0075425_17501322.jpg



以下詳細↓

―┬──────────────────────────────
●  ビオアイランドネットワーク 第6回シンポジウム  しまの円卓会議      
―┴──────────────────────────────
これまで当シンポジウムでは、特産品販売や観光業などの島の基幹産業について、また環境問題や自然エネルギーの動向について取り上げてまいりました。しかし、今年の「しまの円卓会議」の柱を考えたときに、『住み慣れた場所で暮らし続けられる為に必要なこと』としたいという想いとなりました。住み慣れた場所で暮らし続けられる為に、現状では当然ということが当然となっていない現状もあるのだと思います。皆様本当にお忙しいところとは思いますが、様々な地域の差異について、お互いに議論できるような環境が作れればと考えております。ご参加いただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

《日時》11月26日(金)19:30~
 
《会場》
 あうるすぽっと【豊島区立舞台芸術交流センター】  
 3階会議室B
 
《アクセス》
 東京メトロ 有楽町線 東池袋駅 6番出口より直結
 池袋サンシャインシティーより徒歩5分
 web:http://www.owlspot.jp
《パネリスト》 
◆ 渋谷わか氏 (合同会社 和楽 )
2009年3月、山形県酒田市飛島へ移住。島で初めてとなる介護事業所「和楽」を立ち上げ、家族ぐるみで利用者と向き合う。介護福祉士として介護施設で働いていた経験と島で1日でも長く暮らしたい人を手伝いたいという想いの中、島の中で介護保険の理解のため働き掛け、デイサービスとショートステイを提供している。

◆ 小山剛氏  (社会福祉法人 高齢者総合ケアセンターこぶし園 総合施設長)
1977年東北福祉大学卒業後、知的障害児施設「あけぼの学園」・重症心身障害児施設「長岡療育園」の児童指導員を経て「社会福祉法人長岡福祉協会 高齢者総合ケアセンターこぶし園」に主任生活指導員として勤務。現在同センターの総合施設長・同法人の執行役員。
 
《プログラム》
7:00 開場
7:30 開会 あいさつ
7:40 渋谷わか氏 講演 (30分)「飛島でのこれまでとこれから」
8:10 小山剛氏 講演 (30分)「高齢者を住み慣れた地域へ戻す」
8:40 休憩 (10分)
8:50 円卓ディスカッション
9:40 閉会
《参加料》 1000円(学生500円)
 
《問合せ》 ビオアイランドネットワーク (小室) 
℡ 090-4148-0587 E-mail bio.island.network@gmail.com
[PR]
by yangyingmei | 2010-11-08 20:12 | シンポジウム