ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「島系summer2013」開催のお知らせ
「島系 2013 SUMMER」
a0075425_11381659.jpg

日時:8月25日(日)14:30〜17:00/open14:00
場所:東京愛らんど TOKYO SHIMA CAFÉ
  (東京都港区海岸1-12-2 竹芝客船ターミナル内)
   http://tokyo-islands.info/tokyoshimacafe.html
参加費:事前予約 1,500円1D別途、当日 2,000円

第2回目となる島系イベントを開催します。本イベントの目的は、島同士、島と東京とが力を合わせることで情報発信力を高め、島の本来持つ魅力を多くの人に伝え、島の地域の持つ種々の課題を解決する一助としていくものです。

*トークショー
ゲスト:小久保利佳/新島
島にお嫁に来た方をゲストに迎えます。近年、島では嫁不足を解消するための取組みとして「島コン」等がおこなわれています。実際に島にお嫁に行った方の話を聞くことで、より多くの方に島の実情を理解してもらうと共に、魅力を伝え、出会いの機会を広げていきたいと思います。

ゲストプロフィール
小久保利佳 府中市で生まれ育ち、看護師学校に通っていたとき、新島出身の自動車整備業の夫、雅章さん(39)と知り合った。結婚を機に移住。家業の手伝いをしながら、高校1年の長女から保育園の三男まで4人の子供を育てている。06年から、島内の女性たちでフラのサークル「アロヒ・アイラナ・ヌーキマ」を設立。月に1度島外からも先生を呼び、練習を続ける。最近は、様々な催しに招かれフラを披露している。

ゲストトークの他、ビデオレターの形式で、複数の島の事例を紹介します。
出演者:三宅島、新島、小笠原島、天草御所浦島等を予定。質問:結婚する前に何回島に来ていましたか?島での暮らし方、等
各島の島コン系イベントの情報もお届けします。


*ライブ
アーティスト:未定
音楽を通じて島の魅力を伝えるイベント「島フェス(8/31-9/1小豆島)」、直島AGAIN(7/20直島)、「瀬戸内国際芸術祭」開幕イベントなどで活躍中のアーティストを迎え、島の音楽をお届けします。
(島フェス>http://shimafes.jp


*島プロレス
島出身者が繰り広げる熱い島じまんトークバトル。各チームは、島の特徴あるモチーフを使ったオリジナルマスクを被る「マスクマン」と、島じまんトークを担当する「セコンド」によって構成されます。フリップやスライドを使用しながら対戦をおこないます。
 山形県飛島VS宮城県気仙沼大島
 熊本県御所浦VS東京都新島
上記の2回戦をおこないます。


《参加申込方法》
①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
https://www.facebook.com/events/142675852602894/

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。

■当日来れない島の方のために、当日UstreamでLIVE配信をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。チャットでの参加もおまちしています!
http://www.ustream.tv/channel/島系


主催:島系
本企画は、「アイランダー2012(2012.11/23,24 池袋サンシャイン 主催:国土交通省離島振興課、財団法人日本離島センター)」において、SNSを使用した情報発信の取組み「アイランダー放送部」を運営したメンバーの発意によって生まれました。年に一回開催されるアイランダーは、全国から島の人が集まることのできる稀有な機会であり、東京の人々に島の魅力を伝える最大のチャンスでもあります。島系イベントは、春、夏、秋に開催することで、アイランダーへの関心をより高めるねらいもあります。
[PR]
by yangyingmei | 2013-07-18 13:22 | アイランダー