ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ビオアイランドネットワーク第4回シンポジウム
今年もアイランダーとシンポジウムの季節がやってきました!
日本中の離島の方が集まって島をPRする大イベントです。
島の魅力、美味しい食べ物、お酒など楽しんでください。
■■■■■
<アイランダー2008>
11月22日(土)23日(日)10:00~18:00(2日目は17:00まで)
@池袋サンシャインシティ文化会館2F展示ホールD
入場無料


また、ビオアイランドネットワークでは、アイランダー初日夜にシンポジウムを企画しています。ぜひご参加ください。
■■■■■
<ビオアイランドネットワーク第4回シンポジウム>
~「10年後の島」と「明日の島」の話~
[日時]11月22日(土) 19:40~21:15
[会場]池袋サンシャインシティ文化会館7F会議室709号室
[会費]1000円(資料代)

私たちビオアイランドネットワークのシンポジウムも多くの方に支えられ、4回目を数えることとなりました。環境問題をテーマに、専門家にお話しいただいた第1回のシンポジウムに始まり、第2回、第3回では現場で実際にまちづくりを行われている方々をお呼びし、事例発表、およびディスカッションの場としてのシンポジウムを開催してまいりました。
シンポジウムを通じ、私たちが一貫して思い描こうとしてきたものは、いかにすれば「島」が人の住まうことのできる地として存続しえるかということです。現実に島を取り巻く状況は厳しさを増しています。しかしそんな危機的な状況であるからこそ、実践的なまちづくりの話が将来の島の姿と重なっていなければなりません。今回のシンポジウムでは、「明日の島」と「10年後の島」をテーマに話を進めてまいりたいと思います。
一足飛びになかなか語ることのできない問題ですが、ぜひお付き合いいただきたく思います。

[プログラム]
19:30 開場
19:40 開会
19:50 講演
飯田 哲也氏 環境エネルギー政策研究所所長
山田 潤史氏 東京工業大学修士2年
枝松 克巳氏 株式会社メッツ研究所代表
20:35 パネルディスカッション
21:15 閉会

[パネリスト紹介]
飯田 哲也氏(環境エネルギー政策研究所所長)
2000年にNPO法人環境エネルギー政策研究所を設立し、所長に就任。92~06年日本総合研究所主任研究員を兼務。90~92年スウェーデンルンド大学環境エネルギーシステム研究所客員研究員。著書に「北欧のエネルギーデモクラシー」など。

山田 潤史氏(東京工業大学修士2年)
東京工業大学大学院社会理工学研究科価値システム専攻桑子研究室所属。2007年4月より環境省地球環境研究総合推進費(F-072)の助成を得て、共同研究者とともに佐渡島のトキの野生復帰に向けた社会的合意形成の研究活動を行っている。

枝松 克巳氏
株式会社 メッツ研究所代表取締役
専門分野は地域計画、とくに自然地域や離島における持続的開発手法の研究など。おもな調査研究業務に「屋久島環境文化村マスタープラン策定調査」「21世紀における瀬戸内海離島の振興施策に関する調査」「阿蘇草原地域自然再生事業推進計画業務」など。
[PR]
by yangyingmei | 2008-11-17 09:51 | シンポジウム