ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:シンポジウム( 25 )
3/25アイランドテーブルvol.6〜島へ帰る 池田龍介さん与論島出身
久々の開催となるアイランドテーブルは、与論島出身の若者・池田龍介さんをゲストに迎え、さらに瀬戸内海白石島から原田茂さんも上京しているということで、メンターにお迎えしておこないます。会場は島のフラッグショップ「離島キッチン」を厚意でお借りすることができました。
池田さんは、長野県の泰阜(やすおか)村という1800人の村で、子どもたちと生活する山村留学の活動を経て、この春、島にUターンします。池田さんの夢を通して、私たちは島の可能性の深さに思いを馳せることができると思います。皆さまのご参加をお待ちしております。(楊英美)

★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★
「アイランドテーブル vol.6」〜島へ帰る〜
・日時:3月25日(火) 19:00〜21:30 /open18:30〜
・場所:離島キッチン EKIMISE店 7階
http://rito-kitchen.muse.bindsite.jp/cn11/index.html
http://www.ekimise.jp/contents/pc/infomation/access.php
・主催:ビオアイランドネットワーク
・料金:3000円(学生2500円)
島の美味しい食材とワンドリンクつき
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★

《イベント概要》
「アイランドテーブル」とは、島の人、島にかかわる人、島好きな人などが集まり、個々の課題や悩みについて話し合う場として2012年の6月にスタートしました。
過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもあり、今後も定期開催を予定。各回ゲストあり。

《タイムテーブル》(予定)
18:30〜 開場
19:00〜 ゲストによる発表
19:30〜 質疑応答
20:00〜 交流会
21:30〜 終了


《ゲスト》
・池田龍介(いけだ りょうすけ)
鹿児島県の最南端、与論島出身。
京都の大学を卒業後、長野県泰阜村(やすおかむら)のNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターに6年間勤務。
この4月から11年振りに与論島での暮らしを再スタートします。
「誇れるふるさとネットワーク」という団体を立ち上げ、自分のこどもが、「この島で生まれて良かった!」と思える故郷にすること、
そして、そうした故郷を全国に拡げていくことを目指して活動を行います。(まだ独身ですが。笑)
具体的には、①こどもたちの交換留学、自然や暮らしの体験活動、
②海岸のゴミ・漂流物拾い、③若者の離島ステイ(短期滞在型の離島暮らし体験)などを計画中です。
まだまだ世間知らずの若輩者です。ご指導・ご鞭撻よろしくお願いいたします。


《参加申込方法》
①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
https://www.facebook.com/events/110034009194432/?context=create

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。

■当日来れない島の方のために、当日UstreamでLIVE配信
をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。
チャットでの参加もおまちしています!
http://ustre.am/Lygb


■もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
080-3486-8345
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)

発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

<過去の出演ゲスト(順不同、敬称略)>
佐藤喬(離島キッチン)、近藤弘志(ヒトツナギ)、丸尾誉(島フェス)、川崎克寛(つなプロ気仙沼代表)、木村 諭史(新島)、小林恭介(新島ふれあい農園)、古崎公一(株式会社ぽんぽこらんど)、松浦伸也(すみだ青空市ヤッチャバ)、山地竜馬(口永良部島)、豊田光世(佐渡島)
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★
[PR]
by yangyingmei | 2014-03-19 14:44 | シンポジウム
ビオアイランドネットワーク第9回シンポジウム『島の円卓会議』のお知らせ
a0075425_112324.jpg

ビオアイランドネットワーク第9回シンポジウム
『島の円卓会議』
〜ふるさとにUターンし、地域づくりに奔走する3人の若者が「私の暮らし」を語る〜

◆日時 2013年11月22日(金)
    18:30開場 19:00〜21:30
◆会場 ライズアリーナビル あうるすぽっと 豊島区立舞台芸術交流センター
    3階会議室B(池袋4-5-2ライズアリーナビル3F)
    東京メトロ有楽町線東池袋駅 6・7番出口直結

9回目を迎える当シンポジウム。今回は、ふるさとにUターンし、地域づくりに奔走する3人の方から「私の暮らし」を伺います。地域の取り組みを通して、伝えられるべきことは、それが彼らの「私の暮らし」から生まれている、という点にあると考えます。そこから、ゲスト同士、地域づくりの先輩、会場の参加者の皆さんと交流し、議論を深めていきたいです。
ゲストのお一人である宮田浩司さんは、小室が今年、隠岐諸島海士町から長野県飯田市に移住したことで、知り合うことが叶いました。山間部の地域づくりと、島の地域づくりを比較することは、また新鮮に違いありません。
アイランダー2013の前夜祭を、一緒に楽しみましょう。皆さまのご参加お待ちしております。

 ビオアイランドネットワーク 小室勇樹


◆プログラム
6:30 開場
7:00 開会
 1、ゲストスピーカー登壇
 2、動画(静止画も含めて)で地域のことを紹介
 3、「私の暮らし」半生について
 4、現在の状況、仕事の成果、課題、今後の決意表明(1~4まで30分)
 5、会場からの意見交換(10分)
9:30 閉会


◆ゲスト・スピーカー
宮田浩司氏
長野県飯田市上村地区出身。一昨年7月にUターンし上村に在住。Uターン後上村地区観光施設ハイランドしらびそで勤務、自治振興センター建設部臨時職員勤務、上村振興公社勤務。飯田市の採用試験に合格。今年度より市役所税務課勤務。 上村小水力発電検討協議会メンバー。

穴原 奈都氏
東京都三宅島生まれ。 三宅島を拠点に研究活動していた海洋生物学 者、故・ジャック・モイヤー博士に影響を受け、 海洋生物に興味を持つ。 2000年、三宅島雄山噴火により全島避難。 東京都あきる野市で避難生活中に都立高を経 て横浜国立大学に進学。 横浜国立大学大学院へと進学し、生物海洋学 を専攻。 2007年「三宅島海洋教室実行委員会」を設立。 2010年大学院修了後、帰島。 三宅島でネイチャーガイド、家族でカフェを経営。 島の観光PR、イベント企画、海洋自然体験な ども含め活動中。
http://ameblo.jp/nattion-miyake/

國弘秀人氏
山口県祝島出身。就職で関東に15年間暮らしたが、1997年に「祝島ホームページ」を開設したのがきっかけになり、2000年に山口県祝島にUターン。2012年春まではPCサポートの仕事をしつつ、島と本土を行ったり来たりの生活を送っていたが、2012年5月より両親の後を継ぎ、妻と共に祝島で「民宿くにひろ」を経営。2001年に島おこしのボランティア団体「祝島ネット21」を設立し、現在まで事務局長を務める。
http://www.iwaishima.jp/minsyuku/


◆参加申込み
ビオアイランドネットワーク 小室 勇樹
090-4148-0587
bio.island.network*gmail.com ←*を@に変えてお送りください。
[PR]
by yangyingmei | 2013-11-15 11:48 | シンポジウム
5/26 アイランドテーブルvol.6〜島の伝統と歴史を残す〜 開催のお知らせ
〜アイランドテーブル開催のお知らせ〜 
急なご案内ですみません!

今回のゲストである横山さんが今週末のイベント
http://tokyonominoichi.com/
で上京することがわかり、急遽開催する運びとなりました。

突然ですが、みなさんは「活版印刷」を知っていますか?
活版(活字を組み合わせて作った版)で印刷する伝統的な印刷技術。
日本では幕末から長らく文字印刷の中心となっていた活版印刷。それまで一般の人には手の届きにくかった書物が急速な広がりをみせ、文明開化を加速させました。
しかし、現在ではデジタル技術の進歩にり、絶滅の危機に直面しながらも、名刺や案内状など精度の高い印刷物が求められる分野で活版印刷は生きています。

長崎県小値賀島で、島唯一の印刷屋の4代目である横山桃子さんは、父親であり3代目でもある弘蔵さんの背中を追いかけながら、100年以上にわたって受け継がれてきた活版印刷の伝統と歴史、そして確かな技術を守り続けています。

休日の夜、どうぞ気軽にご参加ください。

★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★
「アイランドテーブル vol.6」〜島の伝統と歴史を残す〜
・日時:5月26日(日) 19:30〜21:00 /open19:00〜
・場所:ギンロク(新宿区神楽坂2-19銀鈴会館6F 飯田橋駅徒歩3分 ギンレイホール上)
・主催:ビオアイランドネットワーク
・料金:500円
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★

《イベント概要》
「アイランドテーブル」とは、島の人、島にかかわる人、島好きな人などが集まり、個々の課題や悩みについて話し合う場として2012年の6月にスタートしました。
過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもあり、今後の開催は適宜、月イチ程度を予定。各回ゲストあり。

《タイムテーブル》(予定)
19:00〜 開場
19:30〜 ゲストによる発表
20:10〜 質疑応答
20:30〜 交流会


《ゲスト》
・横山桃子/Momoko Yokoyama
1988年長崎県小値賀町生まれ。岡山県立大学でグラフィックデザインを学び、1年ほど東京の編集に勤務。2011年7月に帰島し、おぢかアイランドツーリズムを経て、2012年4月より家業の晋弘舎で本格的に活版印刷の仕事を始める。現在は、Facebookなどを通して名刺の注文を請け負うほか、活版印刷体験なども行っている。
http://shinkousha.tumblr.com/


《参加申込方法》
①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
https://www.facebook.com/events/110034009194432/?context=create

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。

■当日来れない島の方のために、当日UstreamでLIVE配信
をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。
チャットでの参加もおまちしています!
http://ustre.am/Lygb


■もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
080-3486-8345
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)

発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

協力:ギンロク
https://www.facebook.com/pages/ギンロク/333888016655173

<過去の出演ゲスト(順不同、敬称略)>
佐藤喬(離島キッチン)、近藤弘志(ヒトツナギ)、丸尾誉(島フェス)、川崎克寛(つなプロ気仙沼代表)、木村 諭史(新島)、小林恭介(新島ふれあい農園)、古崎公一(株式会社ぽんぽこらんど)、松浦伸也(すみだ青空市ヤッチャバ)、山地竜馬(口永良部島)、豊田光世(佐渡島)
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★
[PR]
by yangyingmei | 2013-05-25 22:59 | シンポジウム
4/19 アイランドテーブル特別編〜海士町のまちづくりby小室勇樹〜開催のお知らせ
アイランドテーブル特別編〜海士町のまちづくりby小室勇樹〜

日時:4月19日(金)19:00開場 19:30スタート
会場:ギンロク(東京都新宿区神楽坂2−19 銀鈴会館603)

久しぶりのアイランドテーブルとなります。
隠岐の島の海士町から、ビオアイランドネットワーク代表である小室勇樹が上京するということで、この数年の小室の活動の内容や、考えていることなど、話してもらう機会といたします。
島に興味のある方、まちづくりに興味のある方に集まっていただければ嬉しいです。
皆さまのご来場、心よりお待ちしています。

☆★☆★☆★★☆★☆★☆★
《イベント概要》
「アイランドテーブル」とは、島の人、島にかかわる人、島好きな人などが集まり、個々の課題や悩みについて話し合う場として2012年の6月にスタートしました。
過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもあり、今後の開催は適宜、月イチ程度を予定。各回ゲストあり。

《タイムテーブル》(予定)
18:30〜 開場
19:00〜 ゲストによる発表
19:40〜 質疑応答


《ゲスト》
・小室勇樹
1984年島根県隠岐の島町生まれ。高校卒業まで隠岐の島町で過ごす。その後東京農業大学 地域環境科学部 造園科学科修了。在学中には、農大探検部が前人未踏のメコン川源頭を踏査したことを聞き、探検部に所属。また個人的に、援農という形で主に関東圏の有機農業者の方のところへ通う。
2005年またたび主催の「島まるごとワークショップ05やまうらだんだん」に参加。2006年4月環境問題と離島のまちづくりを多方面の方と、話し合う場を持ちたいという思いからビオアイランドネットワークを設立。2006年6月ビオアイランドネットワーク第1回シンポジウム『環境が離島の経済を変える』を開催。
2006年9月『天草サスティナブルビジョン戦略推進調査』全国都市再生モデル調査を実施。
その後毎年、『島を活かす100の素材』『島から日本を見る会議』『十年後の島と明日の島の話』『しまの円卓会議』『島ほっとアワード』などシンポジウム形式のイベントを開催。
2009年4月島根県隠岐島海士町にて商品開発研修生となる。2011年4月よりNPO法人だんだん さくらの家にて海士町の特産品「ふくぎ茶」製造に関わる。


《参加申込方法》
①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
https://www.facebook.com/events/110034009194432/?context=create

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。

■当日来れない島の方のために、当日UstreamでLIVE配信
をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。
チャットでの参加もおまちしています!
http://ustre.am/Lygb


■もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
080-3486-8345
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)


発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

協力:ギンロク
https://www.facebook.com/pages/ギンロク/333888016655173

<過去の出演ゲスト(順不同、敬称略)>
佐藤喬(離島キッチン)、近藤弘志(ヒトツナギ)、丸尾誉(島フェス)、川崎克寛(つなプロ気仙沼代表)、木村 諭史(新島)、小林恭介(新島ふれあい農園)、古崎公一(株式会社ぽんぽこらんど)、松浦伸也(すみだ青空市ヤッチャバ)、山地竜馬(口永良部島)、豊田光世(佐渡島)
★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★
[PR]
by yangyingmei | 2013-04-08 16:21 | シンポジウム
12/15 アイランドテーブルvol.5 〜島の暮らしを考える〜開催のお知らせ
・日時:12月15日(土) 19:00〜21:00 /open18:30〜
・場所:ギンロク(新宿区神楽坂2-19銀鈴会館6F 飯田橋駅徒歩3分 ギンレイホール上)
・主催:ビオアイランドネットワーク
・料金:500円

★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★

年に一度の全国の島の祭典「アイランダー2012」が無事に終わりました。
島の人もお客さんも一緒になって楽しめたイベントだったように思います。
今回のアイランドテーブルでは、
鹿児島県の口永良部島でNPOを立ち上げ、仕事づくりをされている山地竜馬さんと、
兵庫県立大学で教鞭をとられながら、佐渡島のまちづくりや佐渡島加茂湖水系再生研究所の活動をなさっている豊田光世さんをゲストに迎えます。

お二人の活動には、小さな地域での合意形成のプロセスづくり、持続可能な社会と環境の創出という点が共通しているように感じています。
島だから必要なこと、島でしかできないこと。
「島の暮らしを考える」をテーマに、いろいろなお話を聞きたいと思います。
トークの後半には、参加者も交えてディスカッションしていきます。

それでは、皆さまのご参加お待ちしております。


《イベント概要》
「アイランドテーブル」とは、島の人、島にかかわる人、島好きな人などが集まり、個々の課題や悩みについて話し合う場として2012年の6月にスタートしました。
過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもあり、今後の開催は適宜、月イチ程度を予定。各回ゲストあり。

《タイムテーブル》(予定)
18:30〜 開場
19:00〜 各ゲストによる発表
19:40〜 ディスカッション

《ゲスト》
・山地竜馬さん http://kuchierabu.jp/
【略歴】
昭和54年6月  大阪府堺市に生まれ、奈良県桜井市で育つ
平成19年9月  口永良部島へ移住
平成22年4月  肉用牛飼養開始
平成22年5月  一般社団法人へきんこの会設立
平成23年10月  口永良部島未来創造協議会設立

・豊田光世さん http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/toyoda/Toyoda_Lab/Welcome.html


《参加申込方法》
①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
http://www.facebook.com/events/557763257571568/

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。

■もし当日来れない島の方には、当日Ustreamでリアルタイム配信
をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。
チャットでの参加もおまちしています!
http://ustre.am/Lygb


■もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
080-3486-8345
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)


発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

協力:ギンロク
https://www.facebook.com/pages/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%AF/333888016655173

<過去の出演ゲスト(順不同、敬称略)>
佐藤喬(離島キッチン)、近藤弘志(ヒトツナギ)、丸尾誉(島フェス)、川崎克寛(つなプロ気仙沼代表)、木村 諭史、小林恭介(新島ふれあい農園)、古崎公一(株式会社ぽんぽこらんど)
[PR]
by yangyingmei | 2012-12-03 18:29 | シンポジウム
9/28 アイランドテーブルvol.4 開催のお知らせ
「アイランドテーブル vol.4」〜島から農業を考える〜

・日時:9月28日(金) 19:00〜21:00 /open18:30〜
・場所:ギンロク(新宿区神楽坂2-19銀鈴会館6F 飯田橋駅徒歩3分 ギンレイホール上)
・主催:ビオアイランドネットワーク
・料金:社会人1000円、学生500円


★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★

まだ暑い日が続く毎日ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
先週末に小豆島で行われた「島フェス」は、天気にも恵まれ大盛況でした!

またまた急なご案内となってしまい、申し訳ないのですが・・
僕の今知る限りで離島で農業に取り組む方で、このお二人ほど熱い方はいないという方が、来週に同じタイミングで上京をする予定です。

そのタイミングに合わせて、4回目のアイランドテーブルを開催したいと思います。
今回のテーマは”農業”です。
ゲストのお2人は外の視点を活かしながら、ただ島で農業をやるという枠におさまらず活動は多岐に渡っています。
また、島の農産物を通して、島と都市をつなぐ活動もされています。同時に島という地域での農業で生きる大変さも痛感されいると思います。
島という地域だからこそ、新たな取り組みや関係性を紡いでいけているようにも感じます。

そこに、現在都内を中心にファーマーズマーケットを企画実行し、都市と農村をつなぐ活動をしている松浦さんを加え、今後の地域間の「農業」について語り合っていく場にしていければと思います。

どうぞお気軽にご参加ください。

《イベント概要》
「アイランドテーブル」とは、島の人、島にかかわる人、島好きな人などが集まり、個々の課題や悩みについて話し合う場として2012年の6月にスタートしました。
過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもあり、今後の開催は適宜、月イチ程度を予定。各回ゲストあり。

《タイムテーブル》(予定)
18:30〜 開場
19:00〜 各ゲストによる発表
20:00〜 クロストーク
20:30〜 交流会

《ゲスト》
・小林 恭介 http://www.niijima.com/farm/
新島村営の新島村ふれあい農園を担当する村職員。出身は長野県佐久市。高校卒業後、東京農業大学へ進学。学生時代を過ごす傍ら、国内外の農家での住みこみ農業研修などを通じ多くの魅力的な農業者に出会い農業という仕事の奥深さや多様性に触れる。大学卒業後青年海外協力隊へ参加し、南米エクアドルへ赴任。農業系の隊員として地元の農業高校や先住民の集落で活動。アマゾンやアンデスの集落などとの関わりをもつことで「地域」「コミュニティー」という概念に興味をもつようになる。帰国後大学院生活を経て、下宿先の大家さんからのすすめで2001年に妻とともに新島へ移り住む。以来新島の人口増加に貢献しながら(息子3人)流人生活?を続ける。地域に浸り、そこに暮らす人たちと人間関係を築きながら、農や食を通じた地域づくりとそれを進めるチームづくりをライフワークとしている。数年前に、「地域づくりは島内外の人的交流や連携が大切だ。」と気づき、新島に興味を持つ島外の人たちと島の農業者とのあいだに入ってコーディネートすることに自分の役割を見いだしている。


・古崎 公一 http://ponpoko-land.shop-pro.jp/
株式会社 ぽんぽこらんど 代表取締役。 福井県出身。地元福井の高校を卒業後、アメリカの大学に留学。 卒業後、24歳で帰国し、東京の中小企業コンサルタント会社 株式会社ブレーンネット(船井総研系列)に就職し、主に中小企業の経営指導を行っていたある日、瀬戸内の岩城島を訪れた。そこで、都会にはない本来の豊かさを感じ、それまでの安定していた生活を捨て移住を決めた。真面目でいいものがが安く買い叩かれるという貧困農家の現実を知り、絶対に何とかしなければならないと一念発起。2008年にはぽんぽこらんどの代表、2011年からは法人化した株式会社 ぽんぽこらんどの代表取締役に就任。お客様一人一人に商品のこだわりや美味しさの奥にある「真面目」を説明するという販売スタイルで、現在飲食店を含め、全国の顧客を約2000名に増やしている。 「レモンリーフ」「しあわせの黄色いライム(柑橘レボリューション)」「格外ヒラメのペット商品化」など独自のクリエイティブな成功事例が多い。商品の価値はどれだけその商品が真面目な過程を経てきたかで決まると断言する。儲かる儲からないではなく、常に正しいか正しくないかで商いに必要な判断を続け、これからも島の農家の安定収入による、持続可能な営農を強い気持ちで支えていく。


・松浦 伸也 http://yacchaba.info/
東京農大卒業後、緑のふるさと協力隊として福井県池田町にてまちづくりと農業の勉強をする。昨年は福島県鮫川村にある加工直売所 手まめ館の東京出張所として勤務。現在は墨田区にて食で地域をつなげる、すみだ青空市ヤッチャバを主催している。


《参加申込方法》
①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
http://www.facebook.com/events/407699815945427/

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。

■もし当日来れない島の方には、当日Ustreamでリアルタイム配信
をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。
チャットでの参加もおまちしています!
http://ustre.am/Lygb


■もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
080-3486-8345
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)


発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

協力:ギンロク
https://www.facebook.com/pages/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%AF/333888016655173

<過去の出演ゲスト(順不同、敬称略)>
佐藤喬(離島キッチン)、近藤弘志(ヒトツナギ)、丸尾誉(島フェス)、川崎克寛(つなプロ気仙沼代表)、木村 諭史


*11月24.25日は年に一度の島の祭典「アイランダー」開催決定!
http://www.i-lander.com/
[PR]
by yangyingmei | 2012-09-22 10:07 | シンポジウム
8/13 アイランドテーブルvol.3開催の報告
アイランドテーブルvol.3 ×島談義 in新島
2012年8月13日 10:00〜12:00
会場:新島村商工会
主催:新島村商工会むらおこし実行委員会
共催:ビオアイランドネットワーク

実際の映像が、Ustreamでご覧になれます。
http://www.ustream.tv/recorded/24671746

ご参加ご視聴いただいた皆さま、ありがとうございました。

「昨年の島girlsによる11島めぐりを受け入れるようにして始まった島談義。
島しょ振興公社の支援と、本土と新島での開催を経て、いくつもの人のつながり、活動が生まれてきました。
その一つが前日の島フェスTOKYOの開催や、そこに出演する島出身ミュージシャンユニット『島音流』の大躍進にも繋がっています。

本土では島に興味のある方達によるワークショップ:島会議が、アイランドテーブルとして活動を再開しました。

今回は、11島めぐりをした島girlsの一人であり、アイランドテーブルの主催者でもある楊さんと、同じくアイランドテーブルの主催者で伊豆諸島の高校生のサミットを開いた細田君が、新島に来島します。
しかも8/12ヤーマンピック&島フェスTokyo in WAX見学めあてというまさに今の新島と外をつなぐナイスな状況です!

ぜひ、島の中と外を取り巻く状況を語り合い、共有し、お互いが応援できる関係性を作っていきましょう!

『テーマ』
・今、新島でなにが起きているのか?
・新島と本土では、なにが響き合って新しい動きになっているのか?
・他の島では、どんな活動があるのか?

この三つの折り重なったタイムラインをひもときながら、なぜその活動が生まれたか、どのような問題をどのように克服したか、本音トークで共有したいと思います。

島を飛び越えて人が紡いできた物語や、これからの将来を感じることができると確信しています。
また、一つでも自分が知らなかった活動を知ることができると思っています。

この集まりが一つの整理になり、新しいスタートになることを期待しています!」

新島・商工会青年部の木村さんが呼びかけをしてくださり、島談義とアイランドテーブルのコラボとして、開催できました。
[PR]
by yangyingmei | 2012-08-15 10:23 | シンポジウム
8/5 アイランドテーブルvol.2開催のお知らせ
アイランドテーブルvol.2 ー島の未来への場づくりー
2012年8月5日 17:00〜19:00
会場:ギンロク
ゲスト:川崎克寛/気仙沼大島、つなプロ代表

島の人、島にかかわる人、島好きな人などが集まり、個々の課題や悩みについて話し合う場として6月にスタートした「アイランドテーブル」。

第1回はゲストに離島キッチンの佐藤喬さん、島フェスの丸尾誉さんをお迎えし、「小さな島々のよさを広く知ってもらう」をテーマに20名程度の人が集まり、話をしました。

8月5日の回は、ゲストに気仙沼大島の川崎克寛さんをお招きしています。
川崎さんは、島外の方ですが、震災の直後からずっと島に入り、つなプロという団体の代表として、
災害復旧ボランティア、復興支援、コミュニティ形成と、島に寄り添って活動を続けておられます。

気仙沼大島では今、被災地というだけでなく、離島という条件から、様々な困難な状況が生じています。
島のコミュニティという点において、皆さまの知恵をお借りしたいと、川崎さん自身からのリクエストがあり、川崎さんが出張で東京に来られるということで、急遽今回の場をセッティングした次第です。

急な日程ですが、皆さまぜひご参加いただけましたら幸いです。

----
「アイランドテーブル vol.2」ー島の未来への場づくりー

*日時 8月5日(日)17:00~19:00

*会場 ギンロク(新宿区神楽坂2-19銀鈴会館6F 飯田橋駅徒歩3分 ギンレイホール上)

*ゲスト ・川崎克寛/気仙沼大島、つなプロ代表
http://michinokushigoto.jp/archives/3351

     ・島出身者&島好きのみなさん

*参加費 500円

*参加申込方法

①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
https://www.facebook.com/events/369813443092080/permalink/369813446425413/?notif_t=like

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。


*もし当日来れない島の方には、当日Ustreamでリアルタイム配信
をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。
チャットでの参加もおまちしています。
http://ustre.am/Lygb

*この「アイランドテーブル」は過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもある。今後の開催は適宜、月イチ程度を予定。各回ゲストあり。

もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)

発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

協力:ギンロク
[PR]
by yangyingmei | 2012-07-30 15:27 | シンポジウム
6/26「アイランドテーブル」開催のお知らせ
ビオアイランドネットワークの細田です。離島出身ではないのですが、高校時代の3年間を東京の島、伊豆大島で過ごしていました。
震災直後から、宮城県気仙沼大島に入る機会を得て、月1回のペースで足を運び、微力なが復興を応援しています。
そこで、改めて島で何かをすることや、島内での課題に多く直面してします。
そんな時ふっと思うのが「他の島はどうなんだろう?」
という素朴な疑問でした。

島に関わる取組みの中で、どんな成果が上がっていて、またどんな課題が出て来ているのか、互いに自分の取組みについて共有する場。

島ならではのプロジェクトのノウハウを共有化し、個々の課題解決の方策を探る場。

ゲストだけでなく、参加者も取り組みについて各自発表してもらい、それを受けて全員でフリーディスカッション。

これから島で何か始めるという人を応援できる場にもしていきたいです。

そんな場にしようと思っているので、どうぞお気軽にご参加ください。

ーー

「アイランドテーブル vol.1」

*日時 6月26日(火)19:00~

*会場 ギンロク(新宿区神楽坂2-19銀鈴会館6F 飯田橋駅徒歩3分 ギンレイホール上)

*ゲスト ・佐藤喬/離島キッチン http://rito-kitchen.muse.bindsite.jp/

     ・近藤弘志/ヒトツナギ http://www.dozen.ed.jp/news/2010/0929-1033.php

     (もしかしたら+丸尾誉/島フェス)

     ・島出身者&島好きのみなさん

*参加費 500円

*参加申込方法

①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
http://www.facebook.com/events/234594783324938/?context=create

②yu.peace.love@gmail.com(細田) までご連絡ください。



*Ustreamでリアルタイム配信
もし当日来れない島の方などは、こちらからどうぞ。
http://ustre.am/Lygb

*この「アイランドテーブル」は過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもある。今後の開催は適宜、月イチ程度を予定。各回ゲストあり。

もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)

発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

協力:ギンロク
[PR]
by yangyingmei | 2012-06-19 17:05 | シンポジウム
しまの円卓会議 第7回ビオアイランドネットワークシンポジウム
今年もアイランダーの前夜にシンポジウムをやらせていただきます。
皆様ふるってご参加いただければと思います。

―┬──────────────────────────────
●  ビオアイランドネットワーク 第7回シンポジウム  しまの円卓会議      
―┴──────────────────────────────

ふるさとを語りなおす

これまで当シンポジウムでは、観光・物産など島の産業やまちづくりについて、また環境問題や自然エネルギーの動向について議題としてきました。先の震災にあたって、地域の方が何世代にもわたって繋げてきた営みや町そのもの、また生活の基本であるエネルギーにより、地域に戻ることさえ叶わない状況が生まれました。そんな今にあって今回議題としたいと思ったことは、「誰もが当事者として語ることのできること」です。

全国の島のどこであっても生活があり、個々人が「○○地区を好きですか?」って問われた時、「好きですよ」って言ってしまえる小さなエピソードがあるはずです。それは例えば観光パンフレットには絶対に書かれないし、書かれたとしても良く分からないこと。しかしそんな部分が個人にとってはその地域を見る最も重要な要素のはずです。

大上段に構えることなく島の世間話を宴会をしたいと思います。ぜひお誘い合わせのうえご参加、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

ビオアイランドネットワーク 小室 勇樹

《日時》
2011年11月25日(金)午後6時30分開場~21時30分閉会

《会場》
雑司が谷地域文化創造館 1階 会議室1
 東京メトロ副都心線 「雑司が谷駅」2番出口上
 都電荒川線「鬼子母神前」駅下車 徒歩約2分
 池袋駅東口下車 徒歩約17分
 JR山手線目白駅下車 徒歩約10分

《内容》
プレイヤーが『ふるさと』をテーマにスライドトークをします。

プレイヤー予定者
原田茂(白石島)
西畑良俊(粟島)
加賀道 トヨタ財団地域社会プログラム
小高秀克 おぢかアイランドツーリズム(小値賀島)
木下美治(御所浦島)
小林恭介(新島)
穴原奈都(三宅島)
ほか

《連絡先》
ビオアイランドネットワーク 小室 勇樹
090-4148-0587
島根県隠岐郡海士町海士3980-28-16
bio.island.network☆gmaii.com
[PR]
by yangyingmei | 2011-11-09 16:35 | シンポジウム