ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:シンポジウム( 25 )
ビオアイランドネットワーク第二回シンポジウム
a0075425_11453134.jpg

ビオアイランドネットワーク
第2回シンポジウム
島を活かす100の素材


日時:11月24日(金)18:00~19:45
場所:池袋サンシャイン ワールドインポートマート8階 803・804会議室(アイランダー2006の会場の隣のビルになります)
アクセス:JR池袋駅東口から徒歩8分 サンシャイン60通りをまっすぐ進み、高架道路をはさんだ向かいの高層ビル裏手になります。
参加費:無料
主催:ビオアイランドネットワーク

島の魅力や可能性、今後の島の町おこしに繋げていくアイデア、面白い話がたくさん聞ける場をを作りたい。一つひとつの島を見ていくと、そこには小さいけれども確かな動きが存在している。人の気持ちの変化もある。それをアイランダーの前夜祭で「島を活かす100の素材」として話し合いたいと思います。
島にあるくらいニュースなんてウソなんじゃないの?って思えるような「島だからできることの可能性」をガヤガヤと騒ぎつつ考えてみたいと思います。
島のご出身者に限らず、島について話し合いたい、島についてこんなことを思っている、という方は是非ふるってご参加ください。
(ビオアイランドネットワーク 代表:小室勇樹)

パネリスト紹介

江良正和(えらまさかず)
山口県周防大島にある大島商船高等専門学校に5年滞在したことから周防大島との関わりが始まる。卒業後電機メーカーエンジニアとして就職。11年勤めていた会社を辞職して、平成16年10月1日地域ポータルサイト「周防大島ドットコム」を開設。現在ではこのほか周防大島町観光協会の公式サイトをはじめ島内の各施設の公式サイトの運営に携わる。

室岡啓史(むろおかひろし)
東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻。佐渡島が両親の出身地であることをきっかけとして島に住む人の、そしてまだ広く知られていない島の眠っている魅力に関心を持つ。佐渡島における居場所としてのポテンシャルの高さを示すために、実際に佐渡に住まわれる方のライフスタイルやネットワーク形成を中心に研究活動を行う。研究テーマは、『佐渡島におけるパーマカルチャーアイランドとしてのブランディング手法に関する研究』
現在、佐渡市地域再生委員会に所属し、調査を踏まえた提案作りを実践中。

三宅啓雅(みやけひろまさ)
熊本県御所浦町役場の観光振興課においてアイランドツーリズム事業に携わる。当地域が合併を機に退職。現在御所浦アイランドツーリズム推進協議会先導役として、民泊を中心とした小中高生の修学旅行の受け入れをはじめ、天草地域住民および当地域を訪れる人々に対しての交流事業を行う。当活動において島の暮らし、自然環境に触れてもらうことを目的とした法人化を検討している。


なお、翌25日(土)、26日(日)は同じ池袋サンシャインにおいて、
離島のイベント「アイランダー2006」が開催されます
併せてお楽しみください
ビオアイランドも、天草諸島御所浦島のブースで島のご飯をふるまいます

詳細は http://www.i-lander.com/
[PR]
by yangyingmei | 2006-10-26 11:45 | シンポジウム
シンポジウム無事に開催しました
a0075425_23112288.jpg
6月25日に開催した、ビオアイランドネットワーク第1回シンポジウムにご参加、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
多くの方にご参加、ご協力頂き、我々の進行は未熟な部分が多かったにもかかわらず、たいへん充実した議論がされたこと、意義深く受け止めています。特に、天草市御所浦島から三宅啓雅氏、崎田博之氏、瀬戸内海白石島から原田茂氏をお迎えして、島の方の御意見を直接、東京の方に届ける事ができました。
資料、映像をまとめるのに時間がかかっておりますが、出来次第HPに掲載します。

★映像をDVDにまとめたものを、ご希望の方がいらっしゃいましたら、お分けしますので、お申し付けください。

☆開催にご協力いただいた団体であるNPOローカルジャンクション21のHPに、今週いっぱい「今週の私」を担当させて頂いております。お時間のあるときに読んでいただければ幸いです。
ローカルジャンクション21>>http://www28.cds.ne.jp/~localj/
[PR]
by yangyingmei | 2006-07-12 23:10 | シンポジウム
島の応援団 シンポジウム協力団体
―シンポジウム開催にご協力いただいている皆さんです。

ぐるーぷ・あいらんだあ

しましまネット(財団法人日本離島センター)

島嶼学会

東京海洋大学

東京農業大学

ボートピープルアソシエーション

NPO江東区の水辺に親しむ会

ローカルジャンクション21
[PR]
by yangyingmei | 2006-06-23 15:43 | シンポジウム
ビオアイランドネットワーク第1回シンポジウム開催に寄せて
a0075425_1517977.jpg
ビオアイランドネットワークのブログでは、島人、島を核にした活動を紹介していきます。

ビオアイランドネットワーク第1回シンポジウム(2006年6月25日sun 午後2時から4時45分 東京海洋大学 85周年記念会館)の開催に際して、様々な方のご協力、ご参加をいただき、ありがとうございます。このシンポジウムにはパネラー4名に加えて、6名の方がディスカッションに登場する予定です。登壇者の山上氏は、私たちまたたびが活動拠点にしている、熊本県天草市の御所浦島で、映画「もんしぇん」(今夏8月19日より東京・上野一角座にて公開決定)を制作されました。氏より島へのメッセージをいただきました。

<山上氏のメッセージ>
僕は九州熊本の人吉出身、みんなに出身地を言うと山育ちと思われる。だけど所詮日本は大陸に張り出した朝鮮半島の先にある離れ小島であり、南から見れば黒潮の流れの先に位置する吹き溜まりの島である。つまり地球的な視点で見れば、辺境の地ということになる。実はこのことが、稀有で優れた文化を生み出してきたとみることができる。残念ながら大国主義が好きな今の日本は、自らの身体を長く支え続けてきた辺境の島々などの地方を切り捨てながら、自らは東の大国の51州目になりたいと思っているように映る。まあ嗤える逆説ではある。生産や情報や表現を、もう一度積極的に辺境から組み直していくような歴史を始めることができれば、希望は開かれていると思う。
山上徹二郎(シグロ代表/映画プロデューサー)

担当:ヨウ
http://mata-tabi.net/bioisland
[PR]
by yangyingmei | 2006-06-23 15:22 | シンポジウム
第一回シンポジウム 環境が島の経済を変える!
環境が島の経済を変える! ビオアイランドネットワーク第一回シンポジウム

京都議定書が発効して1年になり、日本国内でも数々の環境問題、持続可能性を背景とした取り組みがなされてきています。
世界の離島を見ると、欧州を中心として自然エネルギーで地域自給を目指している事例もあり、
このような流れのモデルケースになり得る小規模な共同体として、日本に300以上もある離島の将来を考えることが必要だと感じています。
また離島は経済構造の基盤から島内の自然資本に頼っています。
その自然資本を壊すことなく、世代を超えて利用していく新たな仕組みを、経済的な優位性を高める方法論にできるのか、議論してみたいと思います。
離島における環境と経済を結びつけたシンポジウムは、まだまだ国内で行われた例が少なく、このシンポジウムを行うことは、一島民として大きな意義を感じます。離島御出身者に限らず、多くの皆様のご参加を心からお待ちしております。
a0075425_7214775.jpg


《プログラム》

第一部 
スピーチ
1 飯田哲也氏「島民自らが自律した島の育成」
2 石川直樹氏「島間ネットワークの役割」
3 谷口正次氏「島がビジネスになる」
4 長嶋俊介氏「島の快適について」

第二部
島の人を交えてのディスカッション


《パネラープロフィール》
●飯田哲也
NPO法人環境エネルギー政策研究所所長
1959年山口県生まれ。京都大学卒業。東京大学大学院博士課程満期退学。日本総合研究所主任研究員、ルンド大学客員研究員。自然エネルギー政策を筆頭に、市民風車やグリーン電力など自然エネルギー市場の先駆。著書『北欧のエネルギーデモクラシー』など。
●石川直樹
冒険家、写真家
1977年東京生れ。早稲田大学卒業。東京藝術大学大学院在学中。アラスカ・ユーコン川約900kmをカヌーで単独走破。23歳で世界7大陸最高峰登頂の最年少記録を更新。北極から南極まで人力のみで移動するプロジェクト「Pole to Pole 2000」に日本代表として参加。
●谷口正次
国際連合大学ゼロエミッション・フォーラム理事
九州工業大学卒業。太平洋セメント株式会社専務取締役、屋久島電工株式会社代表取締役を歴任。産業界ネットワーク代表、国際NGOナチュラル・ステップ・ジャパン顧問。著書『入門・資源危機』、『資源採掘から環境問題を考える』。
●長嶋俊介
鹿児島大学多島圏研究センター教授
佐渡島出身。京都大学、筑波大学大学院卒業。会計検査院に勤務、島めぐりを積み重ね、奈良女子大学教授就任後は瀬戸内海豊島の産業廃棄物問題を支えるなどの活動をする。日本島嶼学会を設立。佐渡島のNPOしまみらい振興機構代表理事。

《日時》6月25日(日) 午後2:00~4:45
《主催》またたび http://www.mata-tabi.net/
《参加費》¥1000(学生¥500)
《お申込》詳細&お申込はこちら→http://www.mata-tabi.net/bioisland/
[PR]
by yangyingmei | 2006-06-19 07:13 | シンポジウム