ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
アイランダー2006終了
a0075425_17584516.jpg
a0075425_17591386.jpg
今回のアイランダーでは、「天草・御所浦の美味しいおすそわけ」試食会を主にやらせていただき、アンケート調査によって都会の方の島の生産食品に対するニーズ、イメージを探ることができました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

ほとんどの方が、「おいしい」と言って食べてくださり、安全や健康だけでなく、島の環境に配慮した商品を求める声が多くありました。

他の島の中では、やはり私は長崎県小値賀島が興味がありました。
役場の方が来て物産の販売ブースもされているのですが、そこに並ぶ品々は、原料を全て島内で生産した、お母さんたちの手作り味噌、その味噌を使用した加工品、島の方が趣味で作られている貝のアクセサリーなどで、島の生活に即した品々は、素晴らしいなと感じました。



ビオアイランドネットワーク  楊 英美
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-27 17:51 | アイランダー
第2回シンポジウムを無事に開催
ビオアイランドネットワーク第2回シンポジウムが、無事修了しました。
ご参加、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

シンポジウムでは、3つのグループでの分科会形式で、

 「ITを利用して島の活性化をはかる」江良正和 周防大島
 「佐渡島の持つ秘められた魅力について」室岡啓史 佐渡島
 「アイランドツーリズムの可能性について」三宅啓雅 天草市御所浦島

のテーブルスピーチから始まり、テーブルディスカッションを行い、「島を活かす100の素材」を出し合いました。自分の島以外で実際に行われている取り組みの話を聞く機会というのは、パネラーにとっても新鮮だったようで、たいへん活発な議論が交わされました。この内容は改めて、報告書にまとめ「100の素材ブック」として刊行する予定です。


ビオアイランドネットワークを立ち上げ、これまで事務局メンバーだけで活動していましたが、このシンポジウムで、島の担い手、島民、島の応援者、有識者、学生がメンバーとなり、情報交換や、企画の協同を開始します。

ミクシのビオアイランダーネットワークコミュニティ等も、活用していただけるよう期待しております。
よろしくお願いします。

ビオアイランドネットワーク  楊 英美
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-27 14:54 | シンポジウム
ビオアイランドネットワークとは
ビオアイランドネットワーク
島.com

1.ビオアイランドネットワークの考え方
(1)島固有の文化の継承
島では自給自足を基本とした文化が発達し、島民一人一人の多彩な能力によって毎日の仕事がこなされ、また今日においても「物々交換」の仕組みが浸透している。このような都市とは異なる独特な時間や経済の流れは、都市に根付く貨幣経済では見落とされがちな相互扶助の仕組みとして息づいている。
(2)持続可能な島の環境と経済
島の経済は、市場の厳しい産地間競争に巻き込まれ、過剰な乱獲などで自然破壊が進行しているところもある。また高齢化や過疎化が進み産業従事者の減少という前提もある。こうした島の実情も踏まえ、またそれまでの島の文化を尊重しつつ、経済的にも環境的にも持続可能となる島のあり方を構築することが求められている。
(3)島の担い手のネットワーク
島で固有の課題に取り組む担い手にとって、彼らが情報交換できる機会は未だ乏しい。島の課題にチャレンジしている島の担い手と、他の島で同じように活動する担い手との相互交流や、島外の識者との意見交換など島を舞台に活躍する人々が交流する場を促進させることが必要である。


2.ビオアイランドネットワークの運営方針(案)

(1)島人ネットワーク(情報ネットワーク、活動データーベース)
 島のまちづくりを島の中だけでやるのではなく、他の島や島の外の団体と情報を共有し、活動することのできる仕組みを作る。また類似した課題を抱えている島や、活動の担い手、そして担い手を求めている島を結ぶことで新しい島のまちづくりを実現させる。

(2)島外にも島風おこせ(島間交流イベント・シンポジウム)
情報だけではない、身近な関係としての交流イベントを企画し担い手や活動団体等に参加していただくことで、現実的な動きを活発化させてゆくことの支援をする。

(3)島のおすそわけショップ(島オンラインショップ)
島と一言で言っても北から南までさまざまな気候や風土、魅力がある。その魅力が地図のように一目見て伝えることができれば、それは島という地域としての幅の広さや、豊かさとしても表すことができるのではないだろうか。このようなバラエティーに富んだ島全体としてできるブランドのアピールをする。



3.ビオアイランドネットワークの組織イメージ
a0075425_13432435.jpg


4.ビオアイランドネットワークのパイロット事業
・100年続く御所浦計画
100年続く御所浦計画とは、熊本県御所浦島でのビオアイランドネットワークと住民共同での環境資源を活かしたプロジェクトです。御所浦島でも日本のほかの地域と同じく人口減少、高齢化、担い手不足という問題を抱えています。この問題を解決するために、島の自然環境を世代を超えて利用していく仕組みを作りながらも、経済的な発展を望めるような方策を検討していかなくてはいけません。これを基本理念としながら下記の事業モデルを実施しています。

Ø御所浦.net
御所浦島住民によるオンラインショップ上での「おすそわけ」物産販売展開。島内での余剰生産物、例えば市場にのらない捨てられてしまう魚、害獣駆除のいのしし、見捨てられたみかんの木、島に自生するあかしやの蜂蜜などを扱う。また高齢化の進む御所浦島でおじいさんやおばあさんが干物一枚でも出せるような、住民参加型のオンラインショップでの物産販売目指します。

Ø御所浦.com
御所浦町の自治体のHP。御所浦町は今年の春他の2市7町と合併しそれを期に、御所浦町自体のHPがなくなりました。それをビオアイランドネットワークと御所浦町住民とで作成し、他の市町村のHPに無いような住民参加型の情報発信ツールを目指します。

SNSコミュニティ>>ビオアイランドネットワーク
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-24 13:47 | 島.net
アイランダー2006
「アイランダー2006」は、毎年、年に一度開催される、離島の方々が東京に集まる最大のお祭りです。
各離島のブースで、島の方のお話を聞いたり、物産を販売したり、工芸品作りなどを体験したり、ステージで民謡を演奏したり、たいへんな盛り上がりです。

御所浦のブースには、私たちがたいへんお世話になっている皆さん(役場の福部さん、崎田さん、アイランドツーリズム協議会の三宅さん、そしてなんと司郎さん)が参加します。
私たちビオも一緒に、天草市御所浦島のブースで、島の方の手作りの物産を試食してもらったり、宮地カメラマンが撮った御所浦の写真を展示します。
みなさんぜひぜひ遊びに来てください!

「アイランダー2006」
11月25日(土)26日(日)
@池袋サンシャインシティ 文化会館2階展示ホールD
10:00~18:00(2日目は17:00まで)
>>詳細はhttp://www.i-lander.com/
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-22 16:24 | アイランダー
秋祭り
a0075425_16193282.jpg

今日は御所浦で一番大きな集落嵐口(あらくち)の秋祭り。各家々を獅子舞がまわります。御所浦での秋祭りはこの嵐口集落が最後になり、こらから冬に向かいます。 
ビオアイランドネットワーク 小室勇樹
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-19 16:19 | 御所浦島(熊本県天草市)
御所浦 島のスローフード
a0075425_13503097.jpg
a0075425_13503831.jpg
a0075425_13504584.jpg
100年続く御所浦計画の調査事業のため、今月もやって来ました島暮らし。
今月からリーダー小室くんは家を借り、島に半定住です。家の上は畑で、初日からイノシシが出たらしいです。

11月25日26日に東京は池袋のサンシャインで開催される離島のイベント「アイランダー2006」に向け、御所浦の生産者の方々は、東京の人たちにどんな物産を試食してもらおうか、思案中です。


それにしても、御所浦の食は豊かです。

「つた」の実を食べました。自然の甘味はすんごく優しい味です。あけびはポピュラーですが、御所浦では「ねこんべぇ=猫のうんち」と呼ばれています。「むべ」の方がはるかに美味しく、さらに「つた」 が美味しかったです。アコウの実も食べましたがまあまあです。
仲良しの村田さんが山で採って来てくださいました。

今日の昼は「こっぱ餅」を左手に持ち、干した鰯を右手に持ち、昔の子どもスタイルで食べました。こっぱ餅は熊本や鹿児島のサツマイモが採れる地域ではポピュラーな食べ物ですが、
ふかしたサツマイモと、餅を一緒に撞いたもので、柔らかい食感と、自然の甘みが優しい食べ物です。

こういうのがスローフードなんだなぁと今日もまた実感しました。


御所浦の食べ物は、アイランダーでご試食いただけます。
詳細は http://www.i-lander.com/
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-18 13:52 | 御所浦島(熊本県天草市)
御所浦島の食品を販売する調査
a0075425_1934123.jpg
a0075425_1934262.jpg

御所浦での調査事業「100年続く御所浦計画」に賛同してくれた島の生産者や加工をしてる人たちで、通信販売で扱う商品を考えています。
一番の目的は島の環境を守ることにつながる、なのでなかなか難しいところはありますが。
東京でテスト商品を試食しました。
何と言ってもイノシシ肉がすごいです。
日本中あるものですが、御所浦では畑を守るために猟をして、食べるために解体所を作りました。
これが部位によって調理法を工夫すれば、素晴らしい美味なのです。
写真は脂の多い部位をしゃぶしゃぶにして食べているところです。
みんな夢中…
江戸時代の「ももんじ屋」とはこんな感じだったのかしら。

ビオアイランドネットワーク  楊 英美
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-09 19:35 | 御所浦島(熊本県天草市)
釣果はバリ一匹
a0075425_0245537.jpg

大浦にて魚釣り
昼御飯のひととき

ビオアイランドネットワーク 小室勇樹
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-05 00:24
活動初日
a0075425_14504422.jpg

とりあえず掃除

ビオアイランドネットワーク 小室勇樹
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-03 14:50