ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
映画『ウサギ』新潟県上映キャラバン「岩首談義所 佐渡市」
【お知らせ】
映画『ウサギ』新潟県上映キャラバン「岩首談義所 佐渡市」

3月25日(月)18:30〜 岩首談義所 佐渡市岩首573
天野季子ライブ付き鑑賞料1,500円(税込)絶賛発売中!

棚田で有名な岩首集落にある、廃校舎を利用した施設「岩首談義所」での映画上映会です。
上映後は唄うたい・天野季子のライブをお楽しみいただけます。

ご予約&お問合せ 
E-MAIL:ginreirokkai☆gmail.com(←☆を@に変えてお送りください)
TEL&FAX:03-5579-8758
当日:090-3530-4565

◆天野 季子(あまの ときこ)
1982年生まれ。埼玉県出身。大学4年の時に唄うことに目覚め、都内でライブ活動を開始。現在、新潟県十日町市の鉢集落に移住し、「鉢&田島征三絵本と木の実の美術館」の学芸員として勤務し、自身で唄をうたっている。
生活の中に唄が浸透し、大切な人や場所にむけて日々唄い続けることをめざす。
絵本と木の実の美術館>>http://www12.ocn.ne.jp/~ehon2009/

◆岩首談義所>>http://iwakubi.d2.r-cms.jp/

◆映画『ウサギ』>>http://www.facebook.com/usagimyrabbit
[PR]
# by yangyingmei | 2013-03-21 16:08 | その他島の企画
2/13 島ガールが教えるしまたびクラス 〜週末は島ぐらし実現可能!編
週末、島で過ごすライフスタイルをこの春はじめませんか?

汐留からすぐの竹芝桟橋では、1時間45分で、神話ゆかりの聖地 伊豆諸島へ行くことができます。椿が満開の大島、泡のような白い海が綺麗な新島。そんな島々で週末を過ごしてみませんか?

週末島人になるべく、まずは汐留で離島の持つ特色と価値を学んでみましょう。フラリと訪れることができる非日常の空間・伊豆諸島の魅力に迫ります。

先生:
楊英美
(ビオアイランドネットワーク/プランナー)
東京出身。地域とアートをフィールドにするプランナー。東京芸術大学美術学部建築科卒。
2003年熊本県の離島で子どもとアーティストのワークショップをおこなう。美術館学芸員、不動産コンサル会社でコミュニティ形成、文化行政でアートイベント等に従事。現在は自主組織mttbを運営。座・高円寺みんなの作業場コーディネーター。
ビオアイランドネットワークは離島のまちづくりを主にしたプロジェクト。

薮下佳代
(編集・ライター)
大阪府出身。新聞社、出版社を経て、フリーランスの編集・ライターに。2009年にオープンした東京の島・新島にある「カフェ+宿saro」のスタッフとしても、“ときどき”働く。
2011年、東京の島の本『TOKYO ISLANDS 島もよう』(エスプレ刊)を手がけた。東京と島を行き来しながら仕事をするのが夢。

小林恭介
(新島村営の新島村ふれあい農園)
2001年に妻とともに新島へ移り住む。以来新島の人口増加に貢献しながら(息子3 人) 流人生活?を続ける。
地域に浸り、そこに暮らす人たちと人間関係を築きながら、農や食を通じた地域づくりとそれを進めるチームづくりをライフワークとしている。数年前に、「地域づくりは島内外の人的交流や連携が大切だ。」と気づき、新島に興味を持つ島外の人たちと島の農業者とのあいだに入ってコーディネートすることに自分の役割を見いだしている。

*****

日程:
第1回 2月13日(水)、第2回 2月20日(水)、第3回 3月7日(木)、19:30~21:00

受講料:12,000円(全3回)
キャンパス:アーキテクトカフェ汐留店
主催:ビオアイランドネットワーク
持ち物:筆記用具
申込:http://shiodome-univ.net/blog/2012/12/18/島ガールが教えるしまたびクラス%E3%80%80~週末は島ぐ/
https://www.facebook.com/shiodome.univ/events

*****
[PR]
# by yangyingmei | 2013-01-19 11:04 | その他島の企画
12/15 アイランドテーブルvol.5 〜島の暮らしを考える〜開催のお知らせ
・日時:12月15日(土) 19:00〜21:00 /open18:30〜
・場所:ギンロク(新宿区神楽坂2-19銀鈴会館6F 飯田橋駅徒歩3分 ギンレイホール上)
・主催:ビオアイランドネットワーク
・料金:500円

★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★

年に一度の全国の島の祭典「アイランダー2012」が無事に終わりました。
島の人もお客さんも一緒になって楽しめたイベントだったように思います。
今回のアイランドテーブルでは、
鹿児島県の口永良部島でNPOを立ち上げ、仕事づくりをされている山地竜馬さんと、
兵庫県立大学で教鞭をとられながら、佐渡島のまちづくりや佐渡島加茂湖水系再生研究所の活動をなさっている豊田光世さんをゲストに迎えます。

お二人の活動には、小さな地域での合意形成のプロセスづくり、持続可能な社会と環境の創出という点が共通しているように感じています。
島だから必要なこと、島でしかできないこと。
「島の暮らしを考える」をテーマに、いろいろなお話を聞きたいと思います。
トークの後半には、参加者も交えてディスカッションしていきます。

それでは、皆さまのご参加お待ちしております。


《イベント概要》
「アイランドテーブル」とは、島の人、島にかかわる人、島好きな人などが集まり、個々の課題や悩みについて話し合う場として2012年の6月にスタートしました。
過去につむぎやの友廣裕一さん主催で2回開催された「島会議」の志を引き継ぐプロジェクトでもあり、今後の開催は適宜、月イチ程度を予定。各回ゲストあり。

《タイムテーブル》(予定)
18:30〜 開場
19:00〜 各ゲストによる発表
19:40〜 ディスカッション

《ゲスト》
・山地竜馬さん http://kuchierabu.jp/
【略歴】
昭和54年6月  大阪府堺市に生まれ、奈良県桜井市で育つ
平成19年9月  口永良部島へ移住
平成22年4月  肉用牛飼養開始
平成22年5月  一般社団法人へきんこの会設立
平成23年10月  口永良部島未来創造協議会設立

・豊田光世さん http://www.u-hyogo.ac.jp/shse/toyoda/Toyoda_Lab/Welcome.html


《参加申込方法》
①Facebookイベントページにて参加ボタンをクリック。
http://www.facebook.com/events/557763257571568/

②yu.peace.love*gmail.com (細田)(*→@にしてお送りください)までご連絡ください。

■もし当日来れない島の方には、当日Ustreamでリアルタイム配信
をしますので、ぜひこちらからご視聴ください。
チャットでの参加もおまちしています!
http://ustre.am/Lygb


■もし何かご不明な点などあればご連絡ください。
080-3486-8345
yu.peace.love*gmail.com (細田) (*→@にしてお送りください)


発起人:楊英美、細田侑

主催:ビオアイランドネットワーク http://bioisland.sakura.ne.jp/

協力:ギンロク
https://www.facebook.com/pages/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%AF/333888016655173

<過去の出演ゲスト(順不同、敬称略)>
佐藤喬(離島キッチン)、近藤弘志(ヒトツナギ)、丸尾誉(島フェス)、川崎克寛(つなプロ気仙沼代表)、木村 諭史、小林恭介(新島ふれあい農園)、古崎公一(株式会社ぽんぽこらんど)
[PR]
# by yangyingmei | 2012-12-03 18:29 | シンポジウム