ビオアイランドネットワーク
bioisland.exblog.jp

ビオアイランドネットワークによる、日本の島の元気を伝えるブログ。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
周防大島.com
離島のポータルサイトとしては、画期的なほどのデザイン性や、情報量とそのわかり易さ、更新頻度などで個人的なNo1サイト

おぢかアイランドツーリズム協会    ホームページ
五島列島小値賀島の観光を一手に引っ張る先進的なNPO。多種多様なツアーや面白い企画が満載


ビオアイランドネットワーク    ホームページ
(1)島固有の文化の継承
(2)持続可能な島の環境と経済
(3)島の担い手のネットワーク
以上3つの点を主眼とした活動の報告、イベント告知が見れます。

御所浦町 島人ブログ
熊本県天草市御所浦町に住む島人のブログ。御所浦島、牧島、横浦島に暮らす人々が目にしたもの、感じたことを島人からのブログでお伝えします。

島つなぐ手紙 島人ブログ
ヒト様に読まれる事を前提とした、日本全国の島から島への手紙形式の島人ブログです。
タグ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:ビオアイランド ( 4 ) タグの人気記事
島のおすそわけvol.4が完了
6月10日は、月イチでやらせてもらっている、「アースデイマーケット cafeslow ver.」での「島のおすそわけvol.4」でした!

カフェスロー店内イベントの方は、スローカフェネットワークの結成記念シンポジウムでした。
日本の代表的なスローフード提唱者 島村菜津さんのトークほか。
店番があるのでちょこっとしか聞けませんでしたが、
イタリアにはスタバもコンビニもシャッター通り商店街もないらしい。
カフェスローを作った吉岡さんは、ビジネスを通じて、ユーザーにコンセプトが伝わることの意義は、NGOの中で観念的にいることより重要だ、と話されていました。

アースデイマーケットの出店者の顔ぶれは毎回少しずつ変わるんですよ。

今回は亜洲亭というフェアトレードの貿易の会社をやっている渡辺さんと出会いました。
バングラデシュの女性たちが作ったジュートのバッグを売っています。
私たちの店で買った佐渡島の「のしいか」とビール片手に店番してました。

a0075425_12104417.jpg

佐渡島の「のしいか」は本当においしくて好評です。
一袋に推定5匹分のイカが入っており、量がやたらと多い…
それでも皆さん買ってくださるのは、やはり美味しいし、島の方の手作りで、自然のものだけでできていて安心できるから、なのですよね。
この「のしいか」は、佐渡島の役場の方に、おすすめの品を選定してもらって、知りました。
生産者の方と、電話でお話しましたが、佐渡の方言ばりばりのおじちゃんとおばちゃん・・・。「いんだがや」を連発されましたが、いんだがや?

次回は7月1日です!

今回品切れだった、隠岐の島海士町の「福来木茶」と、小値賀島の「かつおの生節」が入荷予定です。どうぞお楽しみに。
そして、島のおすそわけスタッフが、島のおすそわけレシピブックを準備中です!
おいしいレシピ教えてください~

よう
[PR]
by yangyingmei | 2007-06-16 12:11 | 島のおすそわけ
おすそわけvol.2が終了
a0075425_16245440.jpg
a0075425_1625364.jpg

島のおすそわけvol.2ということで、アースデイマーケットcafeslow ver.という、2日間のマーケットイベントに参加させてもらいました

まわりの出店者がナイスな方ばかりで
たくさん出会いがありました

皆さんありがとう

印象的だったのが、うどん修行の旅で全国行脚している竹原さん
いただいたうどんを家で食べましたが、めちゃめちゃコシがあり美味しかったです

トージバの方々も竹テントの話が興味深いです
竹を利用しつつ産業にしていけるように考えているのだそうです
うちの小値賀島のピーナッツと、トージバさんの千葉のピーナッツを互いに食べ比べました
全然違ってびっくりでした
どちらも美味しかったです

隠岐の島海士町の福来木茶が大人気で、木がお茶になっているところが評価高いところです
なぜか「かわいい」と言われるのですが
かわいいのか?

次回はリクエストの御所浦の甘夏みかん、神津島の切り干し餅、ところてんを加えて4月21・22日にアースデイの予定です
[PR]
by yangyingmei | 2007-04-09 16:45 | 島のおすそわけ
第2回シンポジウムを無事に開催
ビオアイランドネットワーク第2回シンポジウムが、無事修了しました。
ご参加、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

シンポジウムでは、3つのグループでの分科会形式で、

 「ITを利用して島の活性化をはかる」江良正和 周防大島
 「佐渡島の持つ秘められた魅力について」室岡啓史 佐渡島
 「アイランドツーリズムの可能性について」三宅啓雅 天草市御所浦島

のテーブルスピーチから始まり、テーブルディスカッションを行い、「島を活かす100の素材」を出し合いました。自分の島以外で実際に行われている取り組みの話を聞く機会というのは、パネラーにとっても新鮮だったようで、たいへん活発な議論が交わされました。この内容は改めて、報告書にまとめ「100の素材ブック」として刊行する予定です。


ビオアイランドネットワークを立ち上げ、これまで事務局メンバーだけで活動していましたが、このシンポジウムで、島の担い手、島民、島の応援者、有識者、学生がメンバーとなり、情報交換や、企画の協同を開始します。

ミクシのビオアイランダーネットワークコミュニティ等も、活用していただけるよう期待しております。
よろしくお願いします。

ビオアイランドネットワーク  楊 英美
[PR]
by yangyingmei | 2006-11-27 14:54 | シンポジウム
ビオアイランドネットワーク第二回シンポジウム
a0075425_11453134.jpg

ビオアイランドネットワーク
第2回シンポジウム
島を活かす100の素材


日時:11月24日(金)18:00~19:45
場所:池袋サンシャイン ワールドインポートマート8階 803・804会議室(アイランダー2006の会場の隣のビルになります)
アクセス:JR池袋駅東口から徒歩8分 サンシャイン60通りをまっすぐ進み、高架道路をはさんだ向かいの高層ビル裏手になります。
参加費:無料
主催:ビオアイランドネットワーク

島の魅力や可能性、今後の島の町おこしに繋げていくアイデア、面白い話がたくさん聞ける場をを作りたい。一つひとつの島を見ていくと、そこには小さいけれども確かな動きが存在している。人の気持ちの変化もある。それをアイランダーの前夜祭で「島を活かす100の素材」として話し合いたいと思います。
島にあるくらいニュースなんてウソなんじゃないの?って思えるような「島だからできることの可能性」をガヤガヤと騒ぎつつ考えてみたいと思います。
島のご出身者に限らず、島について話し合いたい、島についてこんなことを思っている、という方は是非ふるってご参加ください。
(ビオアイランドネットワーク 代表:小室勇樹)

パネリスト紹介

江良正和(えらまさかず)
山口県周防大島にある大島商船高等専門学校に5年滞在したことから周防大島との関わりが始まる。卒業後電機メーカーエンジニアとして就職。11年勤めていた会社を辞職して、平成16年10月1日地域ポータルサイト「周防大島ドットコム」を開設。現在ではこのほか周防大島町観光協会の公式サイトをはじめ島内の各施設の公式サイトの運営に携わる。

室岡啓史(むろおかひろし)
東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻。佐渡島が両親の出身地であることをきっかけとして島に住む人の、そしてまだ広く知られていない島の眠っている魅力に関心を持つ。佐渡島における居場所としてのポテンシャルの高さを示すために、実際に佐渡に住まわれる方のライフスタイルやネットワーク形成を中心に研究活動を行う。研究テーマは、『佐渡島におけるパーマカルチャーアイランドとしてのブランディング手法に関する研究』
現在、佐渡市地域再生委員会に所属し、調査を踏まえた提案作りを実践中。

三宅啓雅(みやけひろまさ)
熊本県御所浦町役場の観光振興課においてアイランドツーリズム事業に携わる。当地域が合併を機に退職。現在御所浦アイランドツーリズム推進協議会先導役として、民泊を中心とした小中高生の修学旅行の受け入れをはじめ、天草地域住民および当地域を訪れる人々に対しての交流事業を行う。当活動において島の暮らし、自然環境に触れてもらうことを目的とした法人化を検討している。


なお、翌25日(土)、26日(日)は同じ池袋サンシャインにおいて、
離島のイベント「アイランダー2006」が開催されます
併せてお楽しみください
ビオアイランドも、天草諸島御所浦島のブースで島のご飯をふるまいます

詳細は http://www.i-lander.com/
[PR]
by yangyingmei | 2006-10-26 11:45 | シンポジウム